野生児のアウトドア

野生児ウホオのアウトドア生活をお届けします。

初めて揃えるファミリーキャンプ用品その1

ファミリーでキャンプに行きたい!

f:id:gohlira1025:20190506205848j:plain
でもファミリーキャンプっていざという事を考えると

初めはいらないものまで買ってしまうもの。

 

SNSが普及している昨今どうしても目にしてしまうのは

素敵なキャンプサイト。。。。

 

初めから憧れでそこを目指してしまうと1日中設営で終了。

なんて事になってしまいます。

 

まずは背伸びをしないことが大切です。

 

最低限キャンプに必要なものといえば、、、

  • テント
  • シュラフ
  • インフレーターマット
  • 調理器具
  • テーブル
  • 椅子
  • クーラーボックス

この位のアイテムが有れば普通にキャンプは出来ます。

上記に夜の寒さが不安であれば毛布など家にあるもので初めは活用していった方が

いいと思います。

 

では、今回はテントの選び方の解説をしていきます。

 

テント

これはキャンプでなくてはならないアイテムですよね。

f:id:gohlira1025:20190506213252j:plain

テントと一言で言ってもたくさん種類が存在します。

ツールーム、三角形にとんがったティピ型、丸みを帯びたドーム型、鉄骨等で組むロッジ型など様々有りますが、僕は断然初心者であればタープのいらないツールームテントがオススメです。

 

ツールームって何?って思われる方もいらっしゃるかも知れませんが名前の通り部屋が2つ有るのですが言ってしまえば寝室とリビンが有るテントと想像してください。

 

普通はテントが寝室、タープがリビングになります。

 

しかし初心者がタープを張るというのは思っているよりも困難を極めます。

キャンプ場はあくまでも自然の中で遮るものが余り無いために無風というのはめったに無いように思います。

 

そよ風程度は有ると考えてください。

 

おそらく初めてのテント設営であれば2〜3時間かかってしまうのはざらです。

それプラスリビングを作るとなると恐ろしい設営時間になってしまい調理も出来ず

子供がお腹を空かせて暴れてしまいます。(経験あり)

 

なので初めは2つの部屋が1つにまとまったツールームがオススメです。

設営に時間がかかったとしても一緒にリビングも完成するので時間の短縮とファミリーのストレス軽減にも繋がります。

※当日四苦八苦しないためにも初めての方は必ずお庭もしくは公園や河川敷などのスペースで1度設営練習をしてください。

 

現在はキャンプブームということもあり様々なブランドのテントを買うことが出来ますが、初めはLOGOS、CAPTAIN STAG、COLEMAN等の比較的安価なテントの購入をオススメします。

 


LOGOS ロゴス ツールームテント キャンプ 5人用 リビング ROSY ドゥーブル XL タープテント

【キャプテンスタッグ】CS ツールームドームUV 3〜4人用 キャリーバッグ付(M-3133)テント ツールームテント キャンプ テント キャプテンスタッグ CAPTAIN STAG キャンプ用品 アウトドア用品

 

もしくはレンタルテントという選択もありですね↓


ティエラ5-EX〔小川キャンパル〕【レンタルテント】【往復送料無料】 ファミリー キャンプ 宿泊 家族 春キャンプ 夏キャンプ 秋キャンプ 冬キャンプ 5人 ツールームテント

 

理由としては本当にキャンプを続けるかどうかは行ってみないと分からない。

という事です。

 

先ほどのブランドは安価ですが機能的には全く問題が有りません。

むしろ快適です!

逆に高過ぎるテントは正直日本のキャンプ場レベルで必要なスペック以上のものが殆どです。

言ったら怒られるかもしれませんが自己満の世界です。

 

しかしキャンプにハマればハマるほどカッコイイものや可愛いものが欲しくなるもの。

 

今はアウトドアアテムを買い取ってくれる専門のサイトやショップも多いので、その時はキャンプ道具を売ってしまって、新しいものを購入すればいいと思います。

 

なので初めから高いテントは必要無いのです。

 

もう1つテント選びのポイントですが3人用、4人用と表記されていますが実際の人数+1名多いサイズのテントがオススメです。

 

実際テントの中には「人」以外に「モノ」も入りますのでここはポイントです。

 

最後にキャンプに行くタイミング。

 

初心者はこれも大事です。

 

僕のオススメは春終わりと夏終わり時期。

 

夏のキャンプは初心者の方から考えるとシーズン真っ只中と思われるかもしれませんが、正直テント内は灼熱です(笑)

 

言ってしまえば日によってはシュラフもいりませんし、朝なんて暑くて寝てられません。

 

なので、ある程度快適にテント内で過ごせる季節と雨期を除いて初めてのキャンプ時期を計画するのがいいと思います。

 

ただ、初めから完璧を目指すのではなく行ってみて失敗をしたり足りないものに気がついたりといった感じで買い足していく方が僕はいいと思います。

 

1つ1つが安価なものばかりでは無いので背伸びをせず、皆さんそれぞれのスタイルをアイテム共に育てていってください。