野生児のアウトドア

野生児ウホオのアウトドア生活をお届けします。

「燧ヶ岳」の由来 〜尾瀬三郎物語ってなんだ!?〜

燧ヶ岳

f:id:gohlira1025:20190626003333j:plain

燧ヶ岳。

 

東北人の僕にとってはとても馴染みの深い山です。

 

残念ながら現時点では未だに登った事は無いのですが、今後登るであろう燧ヶ岳の由来を調べていきたいと思います。

 

まずは、基本的な山の情報です。

 

燧ヶ岳(ひうちがたけ)は福島県にある火山(約500年前に噴火したと見られています)で、山頂は南会津郡檜枝岐村に属します。また、尾瀬国立公園内にあり、至仏山(由来は以前のブログ記事より)とともに尾瀬を代表する山です。

 

東北地方の最高峰(2,356m)であり日本百名山に選定されています。

 

火口付近には柴安嵓(しばやすぐら、2,356m)、俎嵓(まないたぐら、2,346.0m)、ミノブチ岳、赤ナグレ岳、御池岳の5つのピークがあります。

 

東北の最高峰は有名な話ですが、燧ヶ岳は、2,300m以上の山として日本で最も北に位置するという事は意外と皆さん知らないかもしれませんね。

 

僕も知りませんでした(苦笑)

続きを読む

「至仏山」の由来 〜由来がしっくりこないので僕の勝手な推測〜

 「至仏山f:id:gohlira1025:20190625012122j:plain

至仏山の読み方ですが、「しぶつさん」または、「しふつさん」と呼ばれているようです。

山名からし山岳信仰を感じさせる山ですね。

 

場所は群馬県の北東部、みなかみ町片品村との境界に位置しています。

標高は2,228.1mで二等三角点「至仏山」が設置されています。

また、日本百名山の1つに数えられており、尾瀬国立公園に属しています。

 

その他、オゼソウ・ホソバヒナウスユキソウ・タカネバラ等の高山植物が有名で、尾瀬一帯を眼下に見下ろすことができるロケーションが最高の場所です。

山体が蛇紋岩でできているため、特殊な蛇紋岩植物と呼ばれる植物群が生育することで植物ファンに名高い山です。

続きを読む

「武尊山」の由来 〜由来の前に思った読み方と違う〜

武尊山

f:id:gohlira1025:20190623191326j:plain

武尊山(ほたかやま)をご存知でしょうか。

日本百名山及び新・花の百名山に選定されている山で、群馬県利根郡みなかみ町川場村片品村の境にある標高2,158mの成層火山です。

北アルプス穂高岳と区別するため、上州武尊山とも称されています。

 

意外にも国立公園の尾瀬近くにある山でありながら、武尊山を訪れる人は比較的少なく、自然がよく残されている山です。

標高が2000m以上ある山で自然公園に指定されていないのは、日本で唯一武尊山だけだそうです

 

また、この山は修験道の山でだそうで、一昔前までは女人禁制、岩場、谷鎖場が有り、アプローチに標高差1000m以上のため、一般の人が登れる山でありませんでした。

今でも百名山巡りのハイカーや「六根清浄」を唱えながら登る白装束の集団が登ったりと信仰の山でもあります。

 

やはり百名山山岳信仰と結びつきが深いですね。

 

続きを読む

「早池峰山」の由来 〜山も恋する!?禁断の三角関係〜

早池峰山

f:id:gohlira1025:20190620225933j:plain

僕も過去に1度だけ登った事がある岩手県の名峰です。

 

標高は1917m。

北上山地の最高峰で日本百名山新日本百名山、花の百名山、新・花の百名山、一等三角点百名山に選定されています。

様々な部門を獲得してしまうという素晴らしい山です。

 

僕のイメージとしては花の山というイメージが強く、約200種の高山植物が生息し、しかも内5つが固有種という季節を楽しむにも素晴らしい場所です。

 

また、いつもタイミングが合わずに行けていないのですが、毎年6月の第2日曜日が山開きで、毎年県内外から約1,000人ほどの登山客でにぎわいます。

 

その理由は山頂にある早池峰神社の奥宮で、麓の岳集落で伝承される刀を手に勇壮に踊る早池峰神楽権現舞が奉納されるのですが、その舞を見に登山客が集まるのです。

 

百名山って本当に山岳信仰の山が多いですよね。

 

これは日本特有のもので自然から恵みを頂いて生かして頂いているという現れだと思います。

素晴らしい精神だと思います!

続きを読む

「トムラウシ山」の由来 〜神々の遊ぶ庭!?〜

トムラウシ山」の由来とは?

f:id:gohlira1025:20190619185240j:plain

トムラウシ山は北海道中央部、上川管内美瑛町十勝管内新得町の境にそびえる大雪山系南部の標高2,141 mの山です。

また、日本百名山にも選ばれている名峰で「大雪の奥座敷」とも称されています。

 

また、周辺にはトムラウシ庭園、日本庭園、黄金が原のお花畑が広がっているため「天上の楽園」ともいわれます。

 

「天上の楽園!!!!!」

一度は見てみたくなる響きですね!

 

続きを読む

「宮之浦岳」の由来 〜竜宮伝説!?〜

宮之浦岳 

f:id:gohlira1025:20190618195118j:plain

僕も愛して止まない鹿児島県「屋久島」にある標高1936mの九州地方最高峰。

 

もちろん日本百名山にも選ばれているまさに名峰です。

 

実は僕が登山というものに目覚めるきっかけになったのがこの「屋久島」で、

一人で約1週間程滞在し様々な山を登ったり観光をして過ごしたのですが、、、、

なんと不覚にも「宮之浦岳」には登っていないのです。。。

 

なので必ずいつか登ろうと誓っている山の1つです。

続きを読む

「鳥海山」の由来 〜壮大な物語が心揺さぶる〜

鳥海山」。

f:id:gohlira1025:20190618150248j:plain

東北の皆さんでしたらおなじみの山ですが、山形県秋田県

跨がる標高2,236mの活火山で出羽富士(でわふじ)とも、秋田県では秋田富士(あきたふじ)とも呼ばれています。

また日本百名山日本百景の一つという有書正しい山です。

 

僕も過去に一度だけ登った事が有るのですが海からの風も吹き荒れるなかなかタフな山です。

 

しかしながらこの「鳥海山」とい名前、カッコいいですよね?

 

個人的には漢字の並びが好みです。

 

そんな鳥海山の由来、気になりませんか?

 

という事で下記にまとめてみました。

続きを読む