野生児のアウトドア

野生児ウホオのアウトドア生活をお届けします。

「空木岳」の由来〜空に木?〜

空木岳

 

漢字だけを見ても何か物語があるのではと勘ぐってしまいます。

 

読み方としては「うつぎだけ」と読みます。

 

空って「うつ」って読み方も有るのですね。

 

まずは基本情報です。

空木岳は長野県の駒ヶ根市飯島町大桑村にまたがる標高2,864 mの山です。

木曽駒ヶ岳山群以外では中央アルプスで最も標高の高い山であり、日本百名山に選定されています。

 

その百名山選定の際は、木曽山脈南半分から一つ選ぼうとして南駒ヶ岳空木岳とで迷った結果、最終的にはわずかに背が高いこと、そして山名の美しさから空木を選んだという話が有るのでますます山名の由来が気になる所です。

 

空木岳の由来

文字だけをみると空にも届きそうな木が山頂に有りそうなイメージですが、標高から考えるとまず有り得ない。。

 

残雪の形説

そこで調べてみると山名は、春に麓の伊那谷から見上げた時、空木岳の頂上だけ残雪が卯木(ウツギ)に似ているためとされている説。

色々と山名を調べていますが、結構多いのがこの残雪の形が由来になっている説。

ただ、卯木ではなく空木に変えたのが僕はそびえ立つ感が有って好きです。

 

卯木説

また別の説として、卯木の木が多いことも由来であるとする説もあるようです。

単純では有りますが分かり易さはありますね。

卯木を調べてみると初夏に白い花をふさ状につけるらしいので、その時期はとても見応えがありそうですね!

 

その他伝説

山頂から西側に下った鞍部は木曽殿越と呼ばれており、平安時代の1180年に武将木曾義仲が越えたという伝説があり、登山道には「義仲の力水」と呼ばれる水場があります。

当時の人からすると水場は本当に貴重な場所です。

今はロングトレイル等も耳にするようになりましたが、昔はロングトレイルが生活の中に有る様なもの。。。

力水になるのは納得出来ますね。

 

思ったよりも多くの事柄は見つけられませんでしたが、説が少ないという事は卯木が元になっている事は間違いないようです。

続きを読む

登山、キャンプ時のオススメ帽子と紫外線対策

登山やキャンプ時に快適な帽子って悩みますよね。

f:id:gohlira1025:20190706001508j:plain

特に日差しが強くなるゴールデンウィークから夏場にかけては帽子は必需品!

 

ただし、帽子と一概に言っても、形や材質、機能等用途によっても様々変わってきます。

 

そこでシチュエーションによっておすすめの帽子やなぜ帽子が必要かなどご紹介したいと思います。

  • 紫外線量の増加
  • 日焼け止め
  •  帽子の選び方
  • ハットのメリット
  • ハットのデメリット
  •  キャップのメリット
  • キャップのデメリット
  •  素材の選び方
  • 僕の帽子を選ぶポイント
  •  オススメのハット&キャップ
  •  まとめ

 

続きを読む

キャンプで車のバッテリーが上がった時の対処法

キャンプ場だけではなく、登山に行って下山して来たら、、、、

買い物から戻って来たら、、、

バッテリーが上がっていた、、、

なんてことになった経験が有る方も多いのでは無いでしょうか。

 

f:id:gohlira1025:20190701161218j:plain

実際に僕も先日一緒にキャンプに行った友人の車のバッテリーが上がってしまい大変な思いもしたので今後の対策も含めてまとめてみましたので少しでもお役に立てる事が出来れば幸いです。

続きを読む

山の○合目の意味ってきちんと説明出来ますか?

山に登ると1合目とか2合目など登るにつれて増えていく数字。

f:id:gohlira1025:20190630212351j:plain

どんな割合で数字が増えていくのか、どうして「合」という言葉を使用するのかを調べてまとめてみました。

 

まず、調べていて驚いたのが距離や標高などは関係がないという事、、、

 

えっでは何が基準で数字が割り振られているのでしょうか。

 

まずはそちらから解説していきたいと思います。

 

調べてみると「難易度」を示したものだという記述がありました。

一体どういう事かというと、基本的には1合目〜10合目までの10等分を難易度や要する時間に分けて振り分けていくのですが、初めの緩やかな登りですと1合の距離が長く、後半の体力が無くなって来た急登などのキツく感じる部分は1合同士の距離が短いようです。

 

確かに登っていて初めは1合目〜2合目は割と長い気がします。

しかしこの定義付けってかなり難しい気がしませんか?

 

一体どうやって決めているのでしょうか。

続きを読む

「槍ヶ岳」の由来 〜アルプス一万尺は危険な踊り〜

槍ヶ岳

f:id:gohlira1025:20190630002525j:plain

言わずと知れた「槍ヶ岳」。

「登山が趣味です!」と言うならば必ずとも1度は登りたいと思う山ですよね。

 

まずは槍ヶ岳の基本情報です。

 

場所は長野県松本市大町市岐阜県高山市の境界の飛騨山脈南部に位置しており

標高は3,180mの山で国内で5番目に高い山です。

 

また、山域は中部山岳国立公園に指定されています。

日本百名山新日本百名山、花の百名山に選定されています。

 

イカーからは通称「槍」、「日本のマッターホルン」とも呼ばれています。

続きを読む

百名山~里山まで山の名前の由来まとめ (随時追加中)

日本には変わった山名がたくさん存在します。

しかし自然の形成とともに出来上がった山々の由来は古くから

諸説有り解明されていないものも多く存在します。

 

そこで様々な情報を収集し個人的な見解を踏まえて随時更新していきたいと思います。

 

 

続きを読む

「オボコンベ山」の由来 〜マンモスが生息する山!?〜

オボコンベ山

f:id:gohlira1025:20190627173022j:plain

かなりマニアックな山なので知っている方は極端に少ないとは思います。

僕自身は地元という事も有り何度か登った事が有るかなりとんがった形状の岩山です。

 

場所は宮城県の川崎町という町に有ります。。

 

標高は595mと低山ですが、危険な箇所も多く初心者向けではありません。

 

また、マーキングは有りますが登山道がきちんと整備がされていない部分も有るので素人の方は慣れた方と方と登るかきちんと下調べをしてから登ってくださいね。

 

僕的には地図の読み方を覚える練習には丁度いい山かと思います。

 

また、紅葉時期は本当に綺麗なので混み合う場所を避けて楽しみたい方にもおすすめです。

県内では栗駒山が紅葉で有名ですが隠れ紅葉スポットはオボコンベ山だと思っています。

 

そして岩山だけに頂上(狭いですが、、、)には高い木もなく360度周りを見渡せるパノラマビューが最高に気持ちがいいです。

続きを読む